いちいち眼鏡をかける

くっきりと目に焼けつけるから

コツコツ生きてりゃ花は咲く

今日は我が担当濵田崇裕くんの28歳のお誕生日です!
おめでとうございます( ´ ▽ ` )ノ



今年、去年に比べて圧倒的な飛躍を遂げた濵田くん。やっぱり思い出すのは濵田くんが初めて主演・座長を務めた舞台「市場三郎 温泉宿の恋」です。



ツアーが始まった頃に発表されて、それはそれは嬉しくて、絶対に行くと誓った今年の1月。
そして3月、まだツアーを周っていた時期に流れて来たレポで、MCで市場三郎の稽古について触れたという内容を目にしました。

「濵ちゃん、すごい怒られてます」と、苦笑気味に言う濵ちゃん。

なにわぶ誌でも一時期ずーっと「頑張った方がラクなんやで」なんて、読んでいる皆を励ますようできっと自分に言い聞かせるように文章を残していました。FLIXに掲載された舞台の取材を読んで、舞台稽古が始まる前と後で、濵ちゃんから感じられる意識みたいなものとか、話される意気込みが全く変わっていたのを見て驚いた記憶があります。

そんな辛くて厳しい稽古を終え、公演を迎えた濵田くん。カーテンコールで歌を歌い、他の演者さんを率いて両方向の客席に手を振りに来る濵田くんを実際に見て感じさせられたのは、「初座長であることの喜び」ということ以上に「ここは通過点である」ということでした。レポでも見る限り、濵田くんは本編を終えたカーテンコールでも、あまり私情を出す様子は無かった。以前出演していた外部の舞台「大和三銃士」では号泣していたという話を読んだことがあるので、ああきっと濵田くんはこの舞台で座長としての責任と覚悟を背負い、良い意味で大きく変わったのだなと感じました。


そして市場三郎の全公演を無事に終え、しばらくしてドラマに出演する話が舞い込んで来ました。「ノンママ白書」、市場三郎を観に来たプロデューサーの方が濵田を起用してみようと提案してくださったのだそうです。私が市場三郎は濵田くんの通過点であると感じた通り、市場三郎は次のお仕事への架け橋となりました。濵田くんの辛かったであろう努力が報われたのだと感じました。ファンからすれば、好きなアイドルの実力が認められる、これ以上に嬉しいことは無いですよね。しかも本人から苦労をしたという話を聞いているから尚更。メンバーから「座長!」と呼ばれて照れている姿や、ドラマが決まって嬉しそうに報告している姿を見て、濵田担になって本当に良かったと心から思いました。


「楽しいことには苦労が付き物」、市場三郎を終えた濵田くんはそう言っていました。濵田くんが言うと説得力がありますね。千秋楽を迎えた後の痩せ細った体にガラガラに枯れた声、でも素敵な笑顔を見せる濵田くんが全てを物語っていました。濵田くんはこれからも辛い思いを経験するのだろうけど、その度にきっと這い上がって私達にあの可愛い笑顔を見せてくれる、そう確信させてくれました。そんな濵田くんに私が出来ることは、舞台に足を運んだり、CDやDVDを買うといったことくらいしか無いけど、それでも私は濵田くんの頑張りをこれからもずっと見届けることが出来るファンでありたいです。


余談ですが、私は市場三郎の歌の
「咲かせてみせよう恋の花、コツコツ生きてりゃ花は咲く、七転八倒、三郎よ」
という部分が大好きです。濵田くんの等身大を濵田くん自身で体現された舞台だったなぁと思います。濵田くんの初座長公演が市場三郎で本当に良かったなと思うし、きっと市場三郎は濵田崇裕のためにあった役でした。きっとこれからの私の濵田担人生の中でずっと強く印象に残り続けると思います。



27歳の濵田くんを応援できて、すごくすごく幸せでした。本当にありがとう。沢山の幸せを貰いました。映画の出演もおめでとう。また幸せが増えます。
どんな時もお仕事に100%の力で臨んでくれる濵田くん、チョーカッコイイ。大好きです。


28歳のさらなるご活躍を楽しみにしています。本当におめでとうございます!




もしよければこちらもどうぞ↓